ADNOWA

google-adsenseのサムネイル

Google Adsense

独自ドメインG Suite終了へ。Adsenseアカウントはどうすれば良い?

ADNOWAトピックス編集部のアイコンADNOWAトピックス編集部

公開日:2022年1月20日

終了が発表された「独自ドメインG Suite」のアカウントでGoogle Adsenseを使っている場合、どのような対処をすれば良いのか、何が出来るのかをまとめました。

「独自ドメイン版・G Suite」がいよいよ終了、有料化へ

2022年1月20日に、Googleが「独自ドメイン版・G Suite」を2022年7月1日で終了し、有料プランである「Google Workspace」へ強制移行すると発表しました。終了するのは「独自ドメイン版・G Suite」で、2012年に新規申し込みの受付を終了していましたが、既存ユーザーについては無料のまま利用可能でした。

Google Adsenseを「独自ドメイン版・G Suite」を使っている場合も同様で、特に企業で使っている方は早めに対策を打つ必要があります。

終了後のAdsenseアカウントはどうすれば良い?

課金アカウントになる

一番対策が少ないのはそのまま有料版である「Google Workspace」にアップグレードするパターンです。

このパターンで対策が必要なのは「Google Workspace」の支払いをするために、支払い情報を設定するだけなので、数分で終わります。ただ、「Google Workspace」は1ユーザーあたりの月額課金サービスになるのと、ユーザー数が多い場合はコストが高くなるので注意しましょう。

最低限のコストで済ませるのは、Google Workspaceにアップグレードして、Google Adsenseアカウント1つだけを残しておく方法ですが、従来の独自ドメインでのメールアドレスはGoogle Workspaceに紐づいてしまうため、メールサーバーを別にする場合は、サブドメインにて別のメールアドレスを作成する必要があります。

アカウントを閉鎖して、新規にAdsenseアカウントを取得する

もう一つの方法は現状のG Suiteのアカウントを閉鎖して、新たにGoogle Adsenseアカウントを取得し直す方法。

Google Adsenseのアカウントはひとり一つというのが原則になっているため、企業で持っていたアカウントを別のAdsenseアカウントで運用するには、一度既存アカウントを閉鎖する必要があります。

従来のAdsenseアカウントと新しいAdsenseアカウントを並行して運用したいところですが、

  1. 住所
  2. 電話番号
  3. 銀行口座

が同じ場合は、アカウントの支払い承認フローでアウトになってしまう可能性があります。

すでに持っている別のAdsenseアカウントへサイトを移行する

あまり多いケースではありませんが、企業と個人、もしくは企業内でも事業ごとにAdsenseアカウントを切り分けて使っていた方は、別のアカウントでサイト審査を受ければスムーズに移行が出来ます。

ただし、法人アカウントから個人アカウントに移す際は、法人・個人間の事業譲渡の契約が必要な場合や、確定申告の手間などが増えるため、意外と手間になる可能性があります。

現状では簡単な対策は少ない

G Suiteの終了は発表されたばかりなので、今後、Googleから何かの救済策が出る可能性は0ではないですが、ユーザー数を考えたらあまり期待は出来ないでしょう。

Google Adsenseで担当者がついている方は、担当者に相談もできますが、担当者がついている方は全体の1%未満とも言われるため、誰でも出来る対処方法ではありません。そもそも、担当がついているクラスの方は、何も考えずにGoogle Workspaceへ移行するでしょう。

Googleはサポートをしない主義で、基本的にユーザーフォーラムに投稿するしか方法がないが厳しいところです。

「Google Adsense」の記事